乳首は物凄い速度で成長している。

乳首は物凄い速度で成長している。_title 乳首認証iPhone
それは5年ほど前の話である。

私は勤めている会社とは別の
大きい会社内に業務委託で異動する事になった。

その大きい会社は風の便りで
極度の男社会という話だった。

そんな所に異動になるものだから
もし歓迎会などの飲み会が開かれたら

一発芸の1つや2つこなせなければ、出来ない男がやって来たと思われるに違いない。

歓迎会などの飲み会で乾杯のイメージ

なんとしてもそれは避けたい。

私は会社を代表して異動するのだ。

使えないやつをよこしたとあらば
「会社」対「会社」の信用問題になるであろう。

しかし
昔から人と深く関わろうとしないシャイな私は
そんな一発芸など持っているはずが無かった…。


異動の日も迫るそんなある日…

とあるブログを人から教えて貰った。

記事の見出しが
金玉をiPhone5sの指紋認証に登録できるのか!?

いや いや いや いや

無理っしょ!

そんな風に思って記事を読み進んでいくと…

えっ?! 出来るの?

マジか… 出来るのか……
こいつバカだ。

しかし偶然にもiPhoneを使っていた私は思った。

このネタをパクれば一発芸になるのでは…?

しかし脳裏に一抹の不安が。

万が一、金玉からの流れで、肛門を見られる事になると非常にマズイ。 

なにせ極度の男社会という話だ。

その場の流れで 金玉 → 肛門
かなりの高確率で発生する事が考えられる。

豆腐メンタルな私でも金玉を見られる事に関してはさほど抵抗は無い。

だが

この頃の私は残念な事に
長期的な肛門のコンディション不良に悩まされていたのである。

私は考えた。

なんとかこのネタを自分のモノにしつつ
肛門を絶対に見られない方法を…!

そ し て

閃 い た の で あ る 。

肛門の代わりに乳首を使えば良いと!!!

肛門に比べれば、ややインパクトは小さいが

肛門に比べて乳首は左右2つある。
時間の持ちが断然良い事は明白だ。

飲み会時も
上半身縛りの流れを作ることが出来れば
肛門の御開帳も逃れる事ができるであろう。

我ながら完璧な作戦である。

夜のイメージ

その夜

さっそく私は部屋で
iPhoneの指紋認証の設定画面を開いていた。
ちなみに当時は実家住まいである。

すまない 親父、おふくろ…あなた達の息子は今
上半身裸でiPhoneを握りしめている。

昔から迷惑かけっぱなしだ
いつか親孝行しよう…多分。

聡明な弟よ。私みたいになるな。

何時間かかっただろう…

今となっては正確には思い出せないが
かなり苦労した記憶がある。

真夜中の iPhone VS my乳首 との格闘…

そして遂にその時はやってきた…

乳首認証iPhone誕生のイメージ

乳首認証iPhoneの誕生である。

まさか故スティーブ・ジョブズ氏も
iPhoneが乳首で認証されるとは思わなかっただろう。

乳首でもロック解除ができる。そう、iPhoneならね。

深夜まで及んだ戦いに疲れた私は
そのままベッドに倒れ込んだ。

夜のイメージ

そして次の日の夜

準備に余念がない私は
乳首認証タイムを把握するため

iPhoneにmy乳首をかざした。

なにっ?

認証しない?! 

馬鹿なっ?!
なぜだ?
ちゃんと両乳首で登録したのに! 

何度左右の乳首で試しても
一向に認証しない乳首認証iPhone…。

いや、これはもう乳首認証iPhoneではない。
ただのiPhoneだ。

仕方なく
指先の指紋認証でロックを解除して考えた。

もしかしたら登録時の

乳首のコンディションに
不備があったのかもしれない。

そこからは先日の流れと全く同じだ。

真夜中の実家で指紋認証の設定画面。
iPhone VS my乳首 の格闘。

戦いは深夜まで及び
乳首認証の再登録はなんとか成功した。
私はそのままベッドに倒れ込んだ。

夜のイメージ

そしてまた次の日の夜

乳首コンディション不備説
いまだ存在するものの

体感として

先日の乳首コンディションは
かなり良かったはずだ。

妙な自信が湧いてくる…

今日は大丈夫なはず。

iPhoneを乳首で認証しようと

様々な角度で左右の乳首を試すが…

認証しない!!!

乳首認証登録は出来るのに
翌日になると認証しなくなる…

私はその時に気付いてしまったんだ。

乳首は毎日、
物凄い速度で成長している!

だから翌日には

iPhoneが違う乳首と認識して
認証しないんだと。

そして私は逃げたんだ…

乳首認証という現実から。

現実から逃げた青空のイメージ

ちなみに
新しい職場は良いところでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました