誉れ高きK本兄貴の生き方を見習いたい。

誉れ高きK本兄貴の生き方を見習いたい。_title 先輩

 

宝くじ当たんねーかなー… と思う今日この頃。

 

私には同僚にK本さんという先輩がいる。

私はK本さんの生き方を尊敬し、
兄貴と呼ばせてもらっている。

兄貴の生き方は一言で言うと「誉(ほまれ)」である。

富士山,富士,フジ,誉,ほまれ,水面,逆さ富士

誉高きK本兄貴は若い頃に、

宝くじで「一等」

…の「組違い賞」に当たった事がある。

その当選金は親が「預かっている」らしい。

親,母親,お金,1万円,5万円,万札,お札,当選金,うちわ,預かっている,

おそらく20年以上も昔の話だろう。
いつまで「預かる」つもりなんだろうか。


それからというもの兄貴は夢を追い続け
ジャンボ宝くじをシーズン毎に購入しているらしい。

兄貴が狙うのはジャンボ宝くじの「一等」のみだ。二等以下に興味は無い。

誉のみを追い求める兄貴。

これだから兄貴はカッコイイ。

「組違い賞で運を使い果たした」とか
そんな事を言う下賎(げせん)の者の意見などに

まったく聞く耳を持たない兄貴。

やっぱり兄貴はカッコイイ。


もし誉れ高き兄貴が
ジャンボ宝くじの一等に当選した暁には


きっとビルの高層階から


「見ろ! 人がゴミのようだ!! ハッハッハッハッ!!」と
下賎の者をさらに見下ろす
だろう。

ビル,ビル群,スクランブル交差点,渋谷,見下ろす,見下す

誉れ高き兄貴は、当選確認の為の「開封の儀」の行い方にも、こだわりがある。

ジャンボ宝くじの当選結果が、世の中に出回る時期

兄貴は一つ前のシーズンの、ジャンボ宝くじを開封する。

例えば

ハロウィンジャンボ(11月)を買ったら
すぐに開封はせず、

年末ジャンボ(12月)を購入した後に
ハロウィンジャンボ(11月)の「開封の儀」を行う。

そうする事によって

常に未開封のジャンボ宝くじが手元に残り、
生きる希望を持ち続ける事が出来るのだ。

少し前に、兄貴が3km程度先を見るような目をしながら「…人生あがりたい」と言っていたのは、おそらく空耳だったと思うが、

兄貴は、よほど宝くじに期待をしているらしい。

そんな兄貴のために
私は素晴らしいサイトを発見した。

web宝くじシミュレーター」である。

ジャンボ宝くじ、ロト、ナンバース、ビンゴ5がどれくらい当たるか?どれくらい儲かるか?を検証する「宝くじシミュレーター」のサイトです

宝くじシミュレーターでは当せん金額や購入金額や収支なども表示されるので、どれくらい当たるか試してみてねッ!

http://kaz.in.coocan.jp/takarakuji/

とサイトに説明がある。



私は試しに年末ジャンボ宝くじでシミュレートしてみた。

宝くじ,宝クジ,シミュレート,シミュレーション,シミュレーター,スピード通常,普通

おかしいな… 中々当たらない。

シミュレーションのスピードを「速」にしてみる。

おっ速い!

宝くじ,宝クジ,シミュレート,シミュレーション,シミュレーター,スピード速い,速い

おかしいな… 全然当たらない。

私は気付いてしまった…

このブログを見てくれているであろう
K本兄貴に伝えようと思う。

「この戦、負け戦でやんす。」



コメント

タイトルとURLをコピーしました